トップ  > はな言葉 > 天使の声

天使の声

お母さん、ぼくはいつも見ているよ
ぼくの大好きなカレーを作っている お母さん
お兄ちゃんと遊んで笑っている お母さん
オモチャを片付けないから怒っている お母さん
ぼくの名前を呼んで泣いている お母さん
ぼくの大好きな お母さん
お母さんのやさしい手が 大好きだよ

お父さん、ぼくはいつも見ているよ
ぼくの好きな歌をうたっている お父さん
お仕事をがんばっている お父さん
お母さんとケンカをして怒っている お父さん
お母さんのいないところで泣いている お父さん
ぼくの大好きな お父さん
お父さんの広い背中が 大好きだよ


お母さん、わたしはいつもそばにいるよ
お母さんが 洗濯物を干しているとき
わたしは風になって 洗濯物をゆらしているの
お母さんが 弟と散歩しているとき
わたしも嬉しくて 歌をうたっているの
お母さんには 聞こえないかもしれないけれど
いつもお母さんの耳元で 「大好きだよ」ってささやいているよ
お母さんの 笑った顔が大好き
お母さんの やさしい声が大好き
大好きなお母さん
わたしはいつもそばにいるからね
私の分まで ちゃんと弟の面倒をみてあげてね
ちゃんとごはんも食べてね

お父さん、わたしはいつもそばにいるよ
お父さんが 自転車に乗っているとき
わたしは風になって お父さんの背中を押しているの
お父さんが お仕事をしているとき
お父さんが暑くないように 風を送るの
お父さんには 聞こえないかもしれないけれど
いつもお父さんの耳元で 「大好きだよ」ってささやいているよ
お父さんの 笑った顔が大好き
お父さんの やさしい声が大好き
大好きなお父さん
わたしはいつもそばにいるからね
私の分まで お母さんをギューッと抱きしめてあげてね
お酒はのみすぎないようにね

作成:2009-12-7 15:42:30    更新:2009-12-7 15:42:30
戻る苦しいのはなぜ カテゴリートップ 進むしゃぼん玉の夢

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP