輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
トップ  > 心を支える言葉 > 伊藤守「受け入れるとは」

伊藤守「受け入れるとは」

「受け入れる」 と、書くのは簡単ですが、実際にはなかなか難しいことです。

難病と告知された、障がいが残ってしまった、余命を告げられた、天使になってしまった・・・受け入れがたい現実を目の前に、自分の気持ちを落ち着けるのに精一杯。受け入れることは、無理をすることでも、我慢をすることでも、諦めることでもないと思います。まずは自分の気持ちが落ち着いてから。焦らなくても大丈夫。

受け入れるって、負けることじゃない。

受け入れるって、相手に賛成することじゃない。

受け入れるって、相手の言うとおりになることじゃない。

もずねこ受け入れるって、相手を好きになることじゃない。

受け入れるって、我慢することじゃない。

受け入れるって、受動的になることじゃない。

受け入れるって、心をひろくすることじゃない。

受け入れるって、
相手の言いたいことを100%理解することなんだ。

受け入れるって、
相手をそのまんまで理解することなんだ。

受け入れるって、
お互いの考えていることや感じていることを
共有していくことなんだ。



伊藤守・著  あたなはあなたが思っているより素晴らしいより引用
作成:2009-11-26 21:08:27    更新:2009-11-26 21:08:27
戻るより子「ココロの鍵」 カテゴリートップ 進む伊藤守「愛とはなんだろう」

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP