中井俊已「赦し合いなさい」

自分に悪意をもち、自分に害を与えた人を赦(ゆる)すのは
容易なことではありません。
赦すためには、三つのことが必要です。

まず、理解を深めること。
あの人は、あのとき、ずいぶん疲れていたから、
あんなことを言ったんだわと言いわけを探してあげること。

二つ目、忘れること。
小さなことをいつまでも根に持たないで、気にしないこと。

そして、三つ目は、愛することです。
でも自分に悪意をもつ人を愛するのはとても難しいことです。
相手を感情的には受け入れられなくても、嫌いなままでもいいのです。
その人にごく普通に親切な行いをしてあげるのです。


中井俊已・著 「教養として知っておきたい聖書の名句」より引用

忘れたころに、何かのきっかけで心の古傷が疼く。
 
 何度赦せば終わるのだという怒り、
 また傷つけられるのではないかという恐れ、
 信じていたのに裏切られた悲しみが、
 心に深く傷を残す。

 赦すことで、苦しみから解放されるのだろうか。
 苦しみから解放されるまでの道のりが辛くても、
 赦すことを選択するべきなのか。

 私の思いとは関係なく、体は新しい傷口を修復し始める。
 「もう痛くならないように、きれいに治すからね」
 細胞が活発に動いている。

 強くつかんでいた手をぱっと広げ、怒りを解き放つ。
 そして、傷口にそっと手を当て、深い深い呼吸をする。
 手のぬくもりが、傷の奥深くまで届いて
 痛みを和らげてくれる。

 「いつか」でいいんだ。
 ゴールを決めずに、ゆっくり歩んでいけばいい。
ポカポカ色

本の紹介

心の糧となる聖書の言葉をやさしく解説。今の自分にふさわしい大切なメッセージが届くはず。 (Amazonより引用)
Amazon商品詳細ページを見る
楽天ブックス商品詳細ページを見る

当サイトを紹介していただきました

読むだけで「人生がうまくいく」48の物語 (成美文庫)
 “逆境に負けない”“夢をかなえる”“人間関係をよくする”などテーマ別に、読むだけで元気になれるストーリーを48紹介。幸せを上手に見つけるヒントや習慣が満載!

おすすめサイト

中井さんが発行されているメールマガジンに、何度かお便りを掲載していただきました。素敵な言葉がたくさん詰まったメールマガジンです。購読は無料ですのでぜひどうぞ。