輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
トップ  > 採血・処置に親が付き添う > 日記 大嫌いなルンバール(髄注)

大嫌いなルンバール(髄注)

今回は、ルンバール後に渡しているミニカー(この日のために買ってきたもの)を、処置室へ入っていく直前に渡した。ディズニーランドで買ったバスのミニカー。

看護師さん、主治医・研修医の先生方が必死になってディズニーランドの話を聞きだそうとしている声が聞こえた。しかし、かずきはいやな気配に気づいている。

「注射でしょ。いやや!! <(T◇T)>わぁああああ!」

「かずくん、ディズニーランドに行ってきたんだよね」

「えーっ!そうなんだ!!ミッキーに会えたのかな?」p

言葉が飛び交う中、かずきはそんなことおかまいなし。
「だから、注射するんでしょ!!もぉ〜いやなのぉ〜!!」

怒って半べそをかいていた。しかし、今回はミニカーで少しは気がまぎれたようで、前回よりも泣き叫ぶ時間が短かった。この後もゆっくり昼寝をして1時間が過ぎ、無事に家に帰った。

作成:2005-11-10 0:00:00    更新:2011-9-3 13:11:36
戻る日記 採血のときにそばにいてやること カテゴリートップ 進む日記 今日は最後のルンバール

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP