輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
トップ  > トータルケア > 小児がん経験者の会や支援に関する情報

支援に関する情報

経験者の会

STAND UP!!

ホームページ:http://standupdreams.com/

小児がんに限らず、35歳までにがんにかかった若年性がん患者による、若年性がん患者のための団体です。経験を最大限に生かし、若年性がん患者が必要としている情報を発信し、メンバー間の交流を通じて若年性がん患者の方が少しでも前向きに闘病を乗り越えられるようにすることを目的としています。

フェロー・トゥモロー 小児がん経験者の会

ホームページ:http://www.ccaj-found.or.jp/

Fellow Tomorrow (F・T)は、1993年「(財)がんの子供を守る会」から、 誕生した小児がん経験者の会です。F・Tという名前には、仲間(Fellow)と共に明日(Tomorrow)を築き上げていこうという願いが込められています。 病名はまちまちですが、10代から30代までの幅広いメンバーが全国にいます。

小児がんネットワーク MN(みんななかま)プロジェクト

ホームページ:http://www.accl.jp/mnproject/

小児がん経験者の団体。小児がん経験者が多くの仲間と出会い、仲間たちが運営している小児がん経験者グループとつながることや、新しい小児がん経験者の会の誕生、グループを継続させるためのお手伝いすることを活動の大きな柱としています。また、小児がんへの幅広い理解を得るために、各地での講演や会報配布、イベントの企画運営などを行っています。

SmileDays

ブログ:http://kurumesmiledays2525.blog107.fc2.com/

「小児がん経験者が病気を乗り越えて、笑顔(Smile)の日々(Days)であるように」という願いから名付けられた小児がん経験者の会。久留米大学病院を拠点とし、活発に活動している会です。ブログの更新も多い!

支援

病気の子どもと家族の支援を考える たにやんのホームページ

ホームページ:http://homepage1.nifty.com/k_tanigawa/

西南女学院大学 保健福祉学部 福祉学科 谷川弘治教授のホームページ。教育支援、発達支援、社会的自立の支援についてのパンフレットやガイドラインのダウンロードができます。

全国病弱教育研究会

ホームページ:http://www.maroon.dti.ne.jp/zenbyouken/

病気の子どもと家族の幸せをねがう、医療関係者、教育関係者、保育士、保護者の実践・運動の交流の場です。

病気の子どものための特別支援教育

ホームページ:http://www.nise.go.jp/kenshuka/josa/kankobutsu/pub_b/b-187.html

「腎臓疾患の子どもの教育支援に関するガイドライン(試案)」

ハートリンク共済

ホームページ:http://hartlink.net/

白血病などの小児がんを克服し、現在、健康な学校生活や社会生活を営んでいる人達がお申込みいただける保障制度です。家族や小児がんに関わる方が申し込みできる家族プランもあります。

その他

チャイルド・リサーチ・ネット

ホームページ:http://www.crn.or.jp/

インターネットを活用し専門家による豊富な研究レポートや調査データをもとに、子どもについて「調べる」「探す」「議論する」場を提供しています。

子どもの病院環境&プレイセラピーネットワーク

ホームページ:http://www.nphc.jp/

国際的、学際的な視点から、こどものためのプレイセラピー、チャイルドライフ、及び、医療・看護・福祉・保育・教育環境の向上、並びに、「病院のこども憲章」EACH CHARTER 履行のための事業を行うことを目的としています。

作成:2007-9-7 14:37:48    更新:2012-8-18 23:37:03
戻る治療終了後の支援 カテゴリートップ

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP