ミニ移植

ミニ移植とは

骨髄をすっかり破壊しなくても、輸注した造血幹細胞の拒絶さえ防ぐような免疫抑制をかけておけば、とりあえず輸注した幹細胞は生着することが分かってきました。このようなやり方で大量の放射線療法を用いずに同種移植を行おうというものがミニ移植と呼ばれるものです。このミニ移植は、今まで同種移植の対象と考えられなかったお年寄りや、何らかの臓器障害がある人にも同種移植が可能になった画期的な移植法です。

前処置の期間は通常の造血幹細胞移植と同じく約1週間ですが、その強度が違います。ミニ移植では、前処置が弱いため比較的ゆっくりと白血球が減少します。したがって、白血球が減少している危険な期間がほとんどなくなります。

ミニ移植の抗腫瘍(抗白血病)効果

大量の化学療法や放射線療法を用いないので副作用は少なくなるのですが、もしかすると抗腫瘍効果も弱くなるかもしれません。そもそも、同種移植においては強力な前処置により直接腫瘍を殺す効果と、移植したドナーの免疫担当細胞が腫瘍を攻撃することによるGVL効果との両方の作用で腫瘍を根絶しようとしているのです。

ミニ移植は、この二つの腫瘍効果のうち前処置により直接腫瘍を殺すという効果を最初からあきらめているわけですから、少なくともミニ移植の抗腫瘍効果が普通の移植法より強いということはあり得ません。造血幹細胞の種類は、骨髄、末梢血幹細胞、さい帯血があります。

ミニ移植は誰にでもできる?

寛解状態が得られていないとか、再発していたりして腫瘍量が多い場合にはミニ移植を最初から使うというのは本筋ではなく、普通の強力な移植法を用いることを考えるべきでしよう。普通の移植法が適用できない人においてミニ移植を用いるべきだと考えられています。

ミニ移植の良い点

ミニ移植の問題点

引用