トップ  > 造血幹細胞移植 > 骨髄移植

骨髄移植

骨髄移植とは

骨髄移植(BMT)とは白血病などの病気の患者に、提供者(ドナー)の正常な骨髄細胞を静脈内に注入して移植する治療です。白血球の血液型であるHLA型が、ドナーと移植対象患者との間で適合しないと拒絶反応が起きるため、骨髄移植はできません。HLA型が適合して移植が可能になる確率は、兄弟で25%、非血縁者間では数百〜数万分の1といわれています。

同種骨髄移植と自家骨髄移植について

同種骨髄移植とは
HLA型の合致したドナ−の正常な骨髄を移植すること。血液型は一致していなくてもよい。
「同胞間骨髄移植」  ドナーが兄弟姉妹
「血縁者間同種骨髄移植」 ドナ−が血縁者
「非血縁者間同種骨髄移植」  ドナ−が非血縁者
自家骨髄移植とは
HLA一致のドナーが見出せないような場合には、あらかじめ採取,凍結保存しておいた患者自身の骨髄を用いる自家骨髄移植が行われることがある。

採取方法

同種骨髄移植
全身麻酔をしてから両側の腸骨(腰の骨)に背中側から針を刺して、骨髄から骨髄の中にある血液(骨髄液)を1回数ml〜10mlずつ、50回ほどにわたって採取します。
自家骨髄移植
病気がおさまっている時に、全身痲酔をして腰の骨(腸骨)の骨髄から骨髄液を抜き、造血細胞を採取します。取り出した骨髄液の中に腫瘍細胞がある場合には、これを取り除く処理(パージング)を行います。

利点と欠点

同種骨髄移植
利点は、自家骨髄移植、末梢血幹細胞移植より病気の再発が少ない。欠点は、移植に伴う種々の合併症(GVHDなど)が多い。
自家骨髄移植
欠点は、骨髄中に白血病細胞が残存する場合には、薬剤や抗体などを使って白血病細胞を除去するが、それでも完全除去は困難であり、原病の再発が多い。
引用
作成:2006-9-13 23:24:24    更新:2006-9-13 23:24:24
戻る造血幹細胞移植の比較 カテゴリートップ 進むさい帯血幹細胞移植

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP