骨髄検査結果の見方(マルク・骨髄穿刺)

有核細胞数

骨髄中の有核細胞数を算定することで、骨髄中の造血能力を知ることが出来る。末梢血の混入により正確な数値が得がたい場合がある。基準値はおよそ5〜20万。

巨核球数

血小板の産生能を反映する骨髄中の巨核球数を算定し、骨髄の血小板産生能を見る。

赤芽球系

分化過程

前赤芽球 → 好塩基性赤芽球 (核は好塩基性) → 多染性赤芽球 (Hbが好酸性に染まる) → 正染性赤芽球 (Hbが増える) → 網赤血球 (核がなくなる、末梢へ) → 赤血球

Proerythroblast 前巨赤芽球
 Megaroblast
(巨核芽球)
Basophil 塩基性巨赤芽球
Polychromasia 多染性巨赤芽球
Orthochromasia 正染性巨赤芽球
Macroblast
(大赤芽球)
Basophil 塩基性巨赤芽球
Polychromasia 多染性巨赤芽球
Orthochromasia 正染性巨赤芽球
Normoblast
(正赤芽球)
Basophil 塩基性巨赤芽球
Polychromasia 多染性巨赤芽球
Orthochromasia 正染性巨赤芽球
 Mitosis 核分裂像

顆粒球系

分化過程

骨髄芽球 → 前骨髄球 (最大、アズール顆粒の出現) → 骨髄球 (核が小さくなる、特殊顆粒が出現) → 後骨髄球 (核がくびれ始める) → (末梢へ) → 桿状核球 (さらに核がくびれる) → 分葉核球 (核が分葉)

Myerloblast 骨髄芽球
Neutrophil
(好中球)
Promyelocyte 前骨髄球
Myelocyte 骨髄球
Metamyelcyte 後骨髄球
Stab 桿状核球
Segment 分葉核球
Eosinophil
(好酸球)
Promyelocyte 前骨髄球
Myelocyte 骨髄球
Metamyelocyte 後骨髄球
Stab 桿状核球
Segment 葉核球
Basophil
(好塩基球)
Myelocyte 骨髄球
Segment 葉核球

単球系

分化過程

骨髄芽球 → 前骨髄球 (最大、アズール顆粒の出現) → 骨髄球 (核が小さくなる、特殊顆粒が出現) → 後骨髄球 (核がくびれ始める) → 単芽球 → 前単球 → 単球 → マクロファージ

 Monoblast 単芽球
Monocyte
(単球)
Promonocyte 前単球
Monocyte 単球

リンパ球系

 Lymphoblast リンパ芽球 分化の違いによって、T細胞とB細胞に大別される。
Lymphocyte
(リンパ球)
large-lympho 大リンパ球 大きさにより小リンパ球、中リンパ球、大リンパ球に分類される。
貪食作用は認められないが、免疫反応に深いかかわりを持つ重要な細胞。
small-lympho 小リンパ球
 Atypical-Lymphocyte 異型リンパ球 健康な場合はほとんど見られない細胞。
この細胞が出現するとウイルス性疾患が疑われる。

その他

Plasma cell 形質細胞 白血球の一種であるリンパ球から分化・成熟した細胞。この細胞は、体に侵入したウイルスや細菌などの異物を排除する作用を持つ蛋白質(抗体)を産生する。
Reticulum cell 細網細胞 リンパ節、リンパ組織、脾臓、骨髄等に認められる網状の線維構造に密着して存在する不規則な形をした細胞。
Macrophage マクロファージ 白血球の1つ。免疫システムの一部をになう細胞で、生体内に侵入した細菌、ウイルス、又は死んだ細胞を捕食し消化する。別名大食細胞、貪食細胞。
Megakaryocyte 巨核球  
Mitosis 核分裂像  
Blast 白血病細胞(?)  
M/E比 顆粒球/赤芽球比 顆粒球系(myeloid)と赤芽球系(erythroid)の比
引用