輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
トップ  > 乳児白血病と小児白血病 > 白血病の症状と診断のための検査

白血病の症状と診断のための検査

白血病とは

血液の中には3種類の血液細胞が含まれており、白血球、赤血球、血小板と呼ばれ、骨の中にある骨髄というところでつくられています。白血病はこの血液細胞が骨髄で腫瘍化してしまい、異常な細胞(白血病細胞)が増え続けてしまいます。正常の骨髄では前述した血液細胞をつくっていますが、これらの細胞は多能性造血幹細胞という最も未熟な細胞が骨髄で分化、成熟し、白血球、赤血球、血小板がつくられます。

白血病は急性白血病と慢性白血病に分けられます。急性白血病は何らかの原因によって、未熟な段階の血液細胞が腫瘍化(白血病化)してしまい、この白血病細胞は分化することができず、ある未熟なレベルで増え続けるのです。

急性白血病の症状

白血病の症状は様々です。またすべての症状が出るとは限りません。またまれではありますが、ほとんど症状がなく、健康診断で検査の異常が見つかって、病気がわかることもあります。

白血病細胞が骨髄で増えてしまうために起こってくる症状

(正常な白血球がつくられない)

感染防止や免疫に関わる白血球が減少する
感染症を起こして発熱やそれぞれの感染による症状が出現する。
酸素を運搬する赤血球が減少する
貧血の状態になり、息切れ、動悸、めまい、頭痛といった症状が出現する。
止血に関わる血小板が減少する
出血がなかなか止まらない、皮膚が赤や紫色になる、紫斑がみられる。女性の場合、生理の出血が止まらないこともある。

白血病細胞が色々な臓器に浸潤するために起こる症状

  • 歯茎に浸潤 (歯茎が腫れる。)
  • 肝臓や脾臓に浸潤 (肝臓や脾臓が腫れ、お腹が張ったりする。)

診断のための検査

血液検査

急性白血病が疑われた(前に述べた症状がみられる)患者さんは、医師は白血病を疑い、まず血液検査を行い異常な細胞がないかを調べます。多くの例で赤血球、血小板は減少しています。白血球数は患者さんにとって様々で、白血病だからといって必ず増加しているわけではありません。ただ、ほとんどの例で、末梢血液に白血病細胞がみられます。

骨髄穿刺(骨髄検査)

実際の病気の場所である骨髄を調べます。麻酔をして、骨盤部分の腸骨という骨(腰のあたりの骨)に鉛筆の芯ほどの針をさして注射器で吸引して骨髄液を採取します。骨髄細胞の標本を顕微鏡で観察し、白血病細胞が30%以上見られた時、急性白血病と診断します。白血病がリンパ性か骨髄性か、FAB分類でどの白血病なのか、染色体の異常(検査に時間がかかるため結果はあとになってわかります)を調べます。

治療前の検査

感染症の有無

白血病細胞の増加によって正常白血球が減少し、感染症を受けやすい状態にあります。感染症の存在は化学療法の支障になりますので、よく調べておく必要があります。

尿酸の量

白血病細胞の増加により、血液中の尿酸という物質が多くなっていることもあります。これは特に急性リンパ性白血病に多くみられ、腫瘍崩壊症候群と呼ばれます。尿酸は腎臓から排出されますが、体内に尿酸が多いと腎不全になり、尿がつくられなくなってしまう場合もあります。

出血傾向

ある種の白血病においては白血病細胞の中の組織因子により血液凝固が異常に亢進してしまい、微小血管に血栓ができ、この血栓形成のために血小板や凝固因子が使われ、凝固因子の低下や血小板減少をきたした結果、異常な出血傾向が出現することがあります。これが播種性血管内凝固症候群(DIC)という病態です。特に急性前骨髄性白血病に多くみられます。

臓器障害のチェック

十分な問診、血液検査、培養検査、尿検査、レントゲン検査、心電図検査、骨髄検査(骨髄穿刺/マルク)などを行う。

引用
作成:2007-9-12 23:01:41    更新:2007-9-12 23:01:41
カテゴリートップ 進む急性リンパ性白血病(ALL)

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP