セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは

主治医との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことです。医療が進歩してさまざまな治療法が生まれています。その結果、医師によってあなたの病気に対する考え方が違うことがあります。また、医師や病院によって、医療技術や診療の質に差があることも考えられます。そこで、あなたにとって最善と考えられる治療を、患者と主治医で判断するため、主治医以外の医師の意見を聞くこと。それがセカンドオピニオンです。場合によっては、医師をかえることになります。

セカンドオピニオンの利点

セカンドオピニオンの時期

病名を診断されてから、最初に治療を受けるまでの間にとるのが最も効果的です。逆に、一刻を争う症状での救急搬送されたような場合はセカンドオピニオンをとることはできません。外来で治療中の場合は特定の治療コースが終了したあとに、それ以上の治療を必要かどうかを評価してもらうために、別の医師に相談することもできます。

こんな場合はセカンドオピニオンを

参考