輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
トップ  > 子どものがん > 小児白血病と電磁波の関係

小児白血病と電磁波の関係

電磁波とは

電磁波は、電気と磁気によって成り立っています。電気の力が発生する電場と、磁気の力が発生する磁場を生み出しながら移動しているものです。電場と磁場は、つねにお互いに振動しており、一秒間の振動回数を周波数といい、Hz(ヘルツ)で表します。つまり電磁波とは、電場と磁場が構成するエネルギー帯といえます。

電磁波と小児白血病の発症率

1976年にアメリカの研究機関が小児がん患者は送電線近くに住む割合が多いと指摘したことをきっかけに、世界中で電磁波と小児がんに関する疫学調査が行われています。しかしながら、それについてわかっていることはほとんどないのが現状です。実験や疫学調査の結果と照らし合わせると、電磁波は小児白血病のプロモーター(起きたがん化を促進する)として存在しているのではないかという見方があります。

送電線などから出る電磁波について、世界保健機関(WHO)は18日、新たな環境保健基準を公表した。各国での医学的調査を基に、平均3〜4ミリガウス(ガウスは磁界の強さの単位)以上の磁界に日常的にさらされる子どもは、もっと弱い磁界で暮らす子どもに比べ、小児白血病にかかる確率が2倍程度に高まる可能性を認めた。WHOは新基準に基づき、各国に予防策をとるよう勧めた。

新基準は電磁波のうち、1秒間に50回または60回変動する送電線の電磁波など、強さが比較的ゆっくり変動する「超低周波」が対象。携帯電話の電磁波は変動が1秒に8億回、電子レンジは20億回以上で対象ではない。超低周波に関する医学的調査は各国で実施されており、総合すると、白血病になる率が4ミリガウス以上で約2倍、3ミリガウス以上で1.7倍になると分析されている。国際がん研究機関(IARC)は01年に「発がん性がある可能性がある」と評価した。

WHOは今回、IARCと同様の結論に到達。しかし、動物や細胞の実験では発がんが立証されず、電磁波と発がんに因果関係があるとまでは言えないと指摘した。その上で、予防的考え方に基づいて磁界の強さについての安全指針作り、予防のための磁界測定などの対策をとるよう勧告した。一方で、白血病の増加数は実際に電磁波の影響があるとしても限られていると評価し、予防策の費用は非常に低くすべきだと論じている。

国立成育医療センターの斎藤友博・成育疫学研究室長によると、小児白血病の患者(0〜15歳)は日本で年間800人から1000人程度出ており、5年生存率は8割程度だ。高圧送電線の近くで暮らすなどで4ミリガウス以上の磁界に日常的にさらされている子どもは全体の1%程度とみられる。小児白血病の患者は磁界の影響で年間数人増えている計算だという。

経済産業省原子力安全・保安院は先月、送電線などの電磁波について、健康影響を考慮し規制を検討する作業部会を設けた。WHOの新基準への対応は、今後この部会で検討する。

※ 2007年6月19日 毎日新聞 より引用

電磁波に関する報告

「超低周波電磁界」
http://www.csij.org/04/electromagnetic/WHO_EHC_Japanese1.2.pdf 
WHO 電磁波プロジェクト 環境保健基準モノグラフ 第238巻
この翻訳は、世界保健機構(WHO)の「電磁波プロジェクト」が10年をかけてまとめた『環境保健基準 超低周波電磁界』の部分的な日本語訳です。原文はこちらから。
「電磁界のリスクに関する対話の確率」
http://www.nies.go.jp/escience/denjiha/plate/pdf/3-1.pdf
電磁界(EMF)の健康影響に対する公衆の懸念に対応するため、本ハンドブックは作成された。一般公衆にとっても、環境衛生を規制する公的機関や発生源となる設備を保有する企業と情報を交換し合う際に手助けとなるであろう。
「生活環境中電磁界による小児の健康リスク評価に関する研究」 
http://www21.ocn.ne.jp/~furumoto/final.html   独立行政法人国立環境研究所: 兜 真徳
家庭内での磁界と小児白血病及び小児脳腫瘍との関連を明らかとするために、我が国では西欧諸国においてリスクが示唆されている0.2、0.3あるいは0.4μT以上の高曝露者が諸外国に比較して多いのかどうか、人種等が異なる我が国においてもリスクがこれらの磁界レベル以上で上昇傾向を示すかどうか、さらに、量―反応関係が見られるかどうかを調べた。

電磁波とのつきあい方

電磁波について知ること

確かな知識を持つことで、電磁波はどんなものか、それに対してどうすればいいのかがわかります。家庭用の電化製品や送電線、配電線などからは極低周波が出ていることと、携帯電話、PHS、携帯電話基地局やアンテナなどからは高周波が発生していることを認識しましょう。携帯電話は頭に直接接触させて使用するので、脳腫瘍の危険があり、携帯電話基地局などからの高周波は、倦怠感、頭痛などの人体への影響をもたらす可能性があり、極低周波は発ガンの可能性があります。

電磁波の影響を知り対策を取る

電磁波発生源を少なくすることです。電化製品はできれば待機状態ではなく、主電源から切り、電化製品を使う場合などは発生源から距離をしっかり置くことで電磁波の影響を軽減できます。たこ足配線をやめる。電化製品は使わないときはコンセントを抜く。電化製品の後側から多くの電磁波が発生しているので、裏側にはなるべく近づかない、または長くいないことが電磁波の影響を少なくするポイントです。

電磁波発生源と対策

街の中

  • [変電所] 発電所から送られてきた電気を家庭や事業所などで使用されるレベルに直す施設。
  • [送電線] 発電所と変電所、変電所と変電所といった電力会社の設備をつなぎ、主に鉄塔を使用して電線が張られた電気の通り道のこと。
  • [変圧器] 電力会社が発電所などから変電所を経て各家庭に電気を送る際、家庭用の100ボルトに変圧する機械。電信柱などにあるグレーの色をしたバケツのようなものがコレ。
  • [携帯電話基地局] 移動体通信を行う機器が無線で接続するための拠点となる、末端にあたる装置のことである。電柱やビルの屋上、電話ボックス、地下鉄ホームの天井などに設置されている。

家の中

  • [携帯電話] 使用時間をできるだけ減らす。イヤホン・マイクを使う。小さな子供には、携帯電話を持たせないようにする。
  • [テレビ] 必ず距離をとって見る。使わないときはコンセントを抜く。
  • [パソコン] 必要のないときは待機状態でなく完全に切る。使うときだけ起動。
  • [冷蔵庫] 庫内に食品を詰め込みすぎない。壁から少し離して設置。電力を消費しないよう改良された新しい冷蔵庫に買い換える。
  • [IHクッキングヒーター] 使用中は子供を近づけない。
  • [電子レンジ] スイッチを入れたらすぐにその場を離れる。
  • [蛍光灯] インバーター式は省エネの代償に大きな磁場を発生させる。インバーター式は常時使わないようにする。または電磁波の少ない白熱球に変える。
  • [ACアダプター] ACアダプターは家庭用に送られた電圧を変えて、それぞれの電化製品に合わせるための小さな変電所のようなもの。ACアダプターの中でもコードレスホンの子機に付いているものが強い磁場を発生している。寝るとき頭の近くに置かないようにする。

 

正しい知識を持って怖がることが大切

BEMSJ様からメールをいただきました。「電磁波の健康影響に関しては、冷静に、科学の目で捉える必要があるかと思います」とのこと。

 電磁波の健康影響に関しては、巷では色々な情報が錯綜しており、必ずしも科学的で適切に情報開示がなされているとは限りません。不安感を先行させるのではなく、「正当に怖がるための努力と、そのための関連情報の収集と理解」が肝要と考えます。
 巷に存在する電磁波に関する情報としては、「電磁波の影響は騒ぐに値しない」とする論調に比べて、「電磁波は問題である、危険である」という論調が格段に多いと見ることが出来るので、本講座では、それらの動向とバランスをとるために、あえて、「電磁波の危険性は少ない」という論調を多く紹介しています。このWEBにある情報を基に、更にその他の情報を得て、皆さん、この問題を如何にするか、考えてください。この考えるための情報提供が、このWEBの主目的です。
 (BEMSJ電磁波健康影響講座 ホームページより引用)

電磁波問題の市民運動サイト

読者様からメールをいただきました。「予防原則で動く欧米のように日本も規制を強化すべき」とのこと。電磁波問題の市民運動サイトをご紹介いたします。

参考
作成:2009-6-14 15:19:13    更新:2009-6-14 15:19:13
戻る小児がんの原因 カテゴリートップ 進むインフォームド・コンセントとアセント

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP