トップ  > 子どものがん > 小児がんの種類

小児がんの種類

小児がんとは

小児がんとは、15歳以下の子どもにおこる悪性腫瘍のことです。悪性腫瘍は「癌」と「肉腫」に分けられますが、普通はすべての悪性腫瘍をひっくるめて「がん」と呼んでいます。

子どもの場合、「癌」よりも「肉腫」のほうが多く、深いところから始まっているため早期発見が難しいともいえます。しかし大人のがんに比べ、化学療法にきわめて高い感受性を持っています。

粘膜(上皮)から発生する悪性腫瘍。胃がん、肺がんなど
肉腫
すこし深い場所から発生する悪性腫瘍。
白血病、悪性リンパ腫、神経芽腫、脳腫瘍など

小児がんの種類

白血病 (発生場所:血液と骨髄)
白血球系の細胞の腫瘍であることが多いため白血病と呼ばれるが、実際には赤血球系や血小板系の細胞が腫瘍化したものもあり、これらも白血病と呼ばれる。
悪性リンパ腫 (発生場所:リンパ球系細胞・抹消のリンパ節)
リンパ系組織に由来し全身に発生する悪性腫瘍。リンパ節に発生するものもリンパ節外に発生するものもある。
脳腫瘍 (発生場所:脳)
脳の疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)。脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管や末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。
神経芽細胞腫・神経芽腫 (発生場所:副腎、交換神経節など)
主に腎臓の上にある副腎で見つかることが多い。以前は新生児のスクリーニングテストが行われていたが、新生児の場合はそのままがんが縮小してなくなるケースがあり、過剰な治療を行ってしまうとの批判から今では行われなくなっている。
ウイルムス腫瘍・腎芽腫 (発生場所:腎臓、泌尿器)
腎臓に発生する悪性腫瘍。腎臓の未熟な組織から発生するので腎芽腫とも呼ばれる。
肝芽腫 (発生場所:肝臓)
肝臓にできる悪性腫瘍。
網膜芽細胞腫 (発生場所:眼球)
眼球内に発生する悪性腫瘍胎生期網膜に見られる未分化な網膜芽細胞から発生する。
横紋筋肉腫 (発生場所:頭頚部、泌尿生殖器、後腹膜、上下肢)
骨格筋(横紋筋)から発生する悪性腫瘍。
骨肉腫、ユーイング肉腫 (発生場所:骨盤、 大腿骨、上腕、 あばら骨など)
ほとんどが骨に生じるが、骨とは離れた軟部組織からも生じることがある。
参考
作成:2007-9-11 13:34:30    更新:2007-9-11 13:34:30
カテゴリートップ 進む小児がんの原因

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP