白血病の疑いあり 骨髄検査

2004年9月1日夕方 呼びかけに応えない

もずねこ小児病棟に着くとまだ検査が終わっておらず、次男は処置室にいた。ナースステーション奥にある処置室のドアから見える医療スタッフの動きを見つめて、祈っている母の後ろ姿が目にとまった。
「かずくんの泣き声が聞こえなくなったから、もう痛い思いはしていないだろうけど・・・」

長男は病室に入れなかったため、廊下の一角に設けられたおもちゃコーナーで母と待っことになった。しばらくすると、私は薄暗い病室へ案内された。カーテンで囲った小さな空間、大きなベッドの上で次男はぐったりと横たわり、よだれを飲み込めず口から伝い流す姿を見て、どうなってしまったのかと恐ろしくなった。まだ麻酔が効いていたからだ。視線も定まらず、呼びかけにも応えない。

「後で主治医から話がありますが、ご主人はこちらに来ていただけますか?」
 医師から声がかかった。いやな予感がする。心配で落ち着かない母が病室に入ってきて、茫然と立ちつくす私の横で医師にいろいろと質問したが、曖昧な返事しか返ってこない。

ここでは治療できない病気

「私は主治医ではないので詳しいことは申し上げられませんが、ここでは治療できませんので転院になると思います」

すぐに治る病気ではないのか。全身の力が抜けていった。私たちの生活が、楽しみにしていたことや子どもたちの成長も・・・何もかもが大きな音をたてて心の中で崩れていく。最も恐れていたことが現実になろうとしている、その衝撃をまともに受け止め、抑えこんできた感情が一気に溢れ出てしまった。全身を母に預けて泣く私を母はしっかりと抱きしめ、涙声だったが力強く「しっかりしなさい」と言って私をしっかり抱きしめた。強いね、お母さん・・・。

涙をこらえて次男の手を握り、笑顔をつくって見せると、小さな手が私の頭を撫でた。意識がはっきりしない中で、次男は私を慰めようとしているのだ。「一番つらいのはこの子なんだ」私の中にある母性が目を覚ました。私が泣いていてはいけない。絶対にだいじょうぶ。必ず治る。せめてこの子が目を覚ましている時は、笑顔でそばにいてやろう。

作成:2012-5-22 20:25:29    更新:2012-5-22 20:25:29
戻るEBウイルスの疑いあり 血液検査 カテゴリートップ 進む白血病の「疑い」から「確定」へ

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP