紹介状の内容 2004年9月2日付

カルテの文字が解読できない箇所は色を薄くして表示。

紹介状 県病院から市民病院へ

もずねこ傷病名

ALL(疑)

紹介目的

今後の御加療をお願い致します

既往歴及び家族歴

特に無し

症状経過及び検査結果

8/27夜より feve p 8/28 feve 40℃まで上昇し当院救急受診。この時点で顔色不良認めず URI と診断。内服処方にて帰宅。翌日には解熱しました。しかし、その後、顔色不良となり元気も無くなってきたため 8/31 当院紹介受診。頚部 LN 多数と肝2横拍触れ、血液検査上。

治療経過

WBC 13800 , Hb 5.8 , Plat 31000 , CPR 0.90 と著名な貧血と血小板の低下認めました。(分画 LYMPH 18% N/C大 核型不 82%)骨髄検査上はまだはっきりしませんが、MPO(-) ALL1 を疑わせる所見でした。染色体 2-0- は提出しておりません。申し訳ありません。

今後の御加療を貴院にてお願いしたく存じます。御多忙のところ申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

現在の処方

処方はありません。

血液検査の結果

2004年9月1日 10:50

白血球数 13.800 (白血球の血液像) 生化 肝 生化 腎
赤血球数 2.11 リンパ球 18% T-Bil 0.70 Na 141
ヘモグロビン 5.8 その他 82% GOT 21 K 4.1
ヘマトクリット 16.7   GPT 8 Cl 103
MCV 79.1 LDH 403 BUN 8
MCH 27.5 CPK 24 クレアチニン 0.26
MCHC 34.7  
血小板数 3.1
コメント 赤球大小不+
骨髄細胞数 98
骨髄巨核球数 0(−)
CRP 0.90
作成:2012-5-22 15:06:50    更新:2012-5-22 15:09:24
戻る白血病の「疑い」から「確定」へ カテゴリートップ 進む転院する 小児白血病診断のための検査

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP