藤井あけみ・幸福のレシピ「兄弟姉妹」

藤井あけみ 幸福のレシピ

藤井あけみ 幸福のレシピ

同じだけ頑張っている

次男が入院していた7ヶ月間、長男は私の実家で預かってもらいました。残業で帰りが遅く、家事ができない夫に子育ては無理だと思ったからです。長男の気持ちも考えず、私たち夫婦は両親に甘えていました。両親と弟たちは、長男を深い愛情で包み大切に育ててくれました。けれど長男は、祖父母や叔父では満たされない寂しさを抱えていました。

重い病気になった弟、病院で弟と寝泊りしなければいけないお母さん、仕事が忙しいお父さん、ぼくの世話をしてくれるおじいちゃんとおばあちゃんとおじさんたち・・・・・・ぼくは寂しくても我慢しなければいけない。自分に言い聞かせながら、布団の中で声を押し殺して泣く日もあったと聞いたのは、次男が退院して随分経ってからのことでした。6歳の長男も、必死で闘っていたのです。

長男が小学1年生になったと同時に次男が退院しました。
新しい環境(学校生活)、感染を気にして神経質になっているお母さん・・・・・・長男の「我慢」はまだまだ続いていました。そして何かの拍子にその思いが爆発し、手のつけられないほど泣き暴れました。それが続くようになり、ようやく長男の本当の心に気づきました。

病気の子どものきょうだい支援をしていらっしゃる「しぶたね」ひさもさん(HP:へなちょこcafe)にアドバイスをいただき、長男の本当の気持ちを聞くことができました。そして、「長男も頑張っている」と認めたことにより、泣き暴れることがなくなり落ち着いてきました。

たくさん抱きしめました。ふたりだけの時間を大切にしました。
あなたを愛している、大切に思っているときちんと言葉にして伝えました。

「ぼくは注射をたくさんして頑張ったんだから!」
と、過去を振り返るかずきに
「オレだって寂しかったけど頑張ったんやで!」
少し目を潤ませながらも、自分の気持ちを言葉にできた長男を見て嬉しくなりました。



かずきだけのお母さんじゃない!

入院中、先生や看護師さんから「かずくんママ」と呼ばれていました。同じ病棟にいる親同士も、「○○ちゃんママ」「○○くんパパ」と呼び合っていて、なんだか患児の付属品をイメージする呼び方だといつも感じていました。

私が「かずくんママ」と呼ばれることに、長男も違和感があったようです。
「お母さんは、かずきだけのお母さんじゃない。ぼくのお母さんでもあるのに、どうして病院の人たちは"かずくんママ"って呼ぶの?」

母に連れられてお見舞いに来た長男は、いつもひとりで小児病棟のプレイルームで待っていました。
「よしくん!」
そう声をかけてくださったのは、次男の担当看護師さんでした。
「お母さん!さっきの看護師さん、どうしてぼくの名前を知ってるの?
ぼくのこと、よしくんって呼んでくれたよ」
ほんの少しの会話だったそうですが、自分の存在に気づいてくれた人がいる、ただそれだけのことが、長男にとって大きな喜びでした。

名前を呼ぶというのは、コミュニケーションをとるうえでとても大切なことだと思います。それは自分を覚えていてくれたという嬉しさ、安心感、親近感・・・たくさんの幸せをもたらします。

そうはいっても、名前を覚えること、忘れないことは難しいですね。
私は物覚えが悪いため苦労しています。

作成:2009-1-23 0:00:00    更新:2011-9-2 22:31:59
戻る藤井あけみ・幸福のレシピ「あなたの名前はすてきな名前」 カテゴリートップ 進む病気の子どもの「きょうだい」へ贈る本

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP