輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録

藤井あけみ・幸福のレシピ「あなたの名前はすてきな名前」

藤井あけみ 幸福のレシピ

「名前」は大切な固有名詞。
名前で呼ぶことは、その人の存在を認め尊重していることだと思います。
長男が、「名前で呼んでくれた看護師さんがいた」と目をキラキラさせて喜ぶ姿は今も忘れられません。

次男が入院していたあの頃、私は愛情を込めて長男の名前を呼んだことがあっただろうかと思い返しました。長男と会ったときは、いつもなにかしらの用事を抱えていました。少ない時間で買い物を済ませ、調べものをしなければならない・・・そんな時に「ねぇ、お母さん」と抱きつく長男に苛立ったこともありました。

私は、ただ固有名詞を口にしているだけ。
呼びかけるためだけに使われる「名前」。

長男は寂しい思いをぐっとこらえていたでしょう。

「布団の中で、誰にも気づかれないように泣いた」

長男からそう聞いたとき、胸が張り裂けそうでした。

あの時、愛情をこめて名前を呼び、抱きしめることができたなら・・・
後悔することばかりです。けれど終わってしまったことはどうすることもできませんから、今を大切にして子どもたちの名前を愛情込め呼びたいと思います。「はい」と返事が返ってくるのも、あと何年かな・・・。まだまだと思っているうちに、すぐに巣立っていくのでしょうね。

作成:2009-2-7 0:00:00    更新:2011-9-2 22:20:49
戻るぼくの名前を呼んでくれた看護師さん カテゴリートップ 進む藤井あけみ・幸福のレシピ「兄弟姉妹」

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP