子ども用の闘病記録「ビーズ・ジャーニー」

カナダにお住まいのメープルさんに教えていただいた、ビーズで綴る闘病記録。

「メープルの日記」 2007-10-26 ビーズ・ジャーニー“my beaded journey"

カルテを見ながら処置をした日を書き出し、色別にカレンダーに書き込んで何色がどれくらい必要なのか数えてみると、高価なビーズは使えないほどの量になりました。安くてかずき好みのビーズを一緒に買いに行って、樹脂粘土も使ってひとまず完成。

診断 - 入院 - 退院まで

ビーズの色:水色=薬剤投与した日 オレンジ=マルク 赤=赤血球輸血 黄=血小板輸血 紫=髄注 ピンク=CVを入れた日 黒=体に針を刺した日

粘土:四角(模様)=外出・外泊、四角(顔)=クリスマス・正月、丸(大)=イベント・誕生日など

外来治療の前半

外来治療・後半 治療終了まで

治療終了後

かずきは大喜びでみんなに見せていました。

「僕はこれだけ頑張ったんだよ」

がんばった日々がこうした形で残ることもいいなと思います。私がビーズを数えながらかずきに順番に手渡し、それを糸に通しながら過去の治療や入院生活のことを一緒に振り返りました。入院していた頃の治療は本当に辛かった。私が文字で綴る闘病記は読み返しても辛いことばかりですが、こうしてビーズにつなげていくと入院生活の輪がいちばん綺麗なんですね。子どもの闘病記は「頑張った証」としてこれからもひとつずつ糸に通していこうと思います。治療終了後の輪にカラフルなビーズが通らぬことを祈って。

mixiでみどりさんからメッセージをいただきました。ビーズジャーニーに関する動画を教えていただいたのでUPします。みどりさんの娘さんがこれからの治療を乗り切っていけますようにお祈りしています。(2010-10-6)



 



 

作成:2008-5-21 22:03:10    更新:2010-10-6 21:13:41
カテゴリートップ 進む治療終了の日を迎えて

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP