粘着テープを簡単にはがす方法

強力な粘着力

入院中は血小板が低いため、マルクやルンバールの処置後は穿刺部分をしっかりと押さえて止血します。その時に使われるテープの粘着力は強力! テープをはがす時はとても痛く、またベトベトしたものが残って嫌なものです。お湯をつけたり、少しずつゆっくりとはがはてみましたが同じこと。かずきはテープをはがすことをとても怖がっていました。

ある日、お母さんの井戸端会議でこのことが話題になり、「ベビーオイルがいい」ということを知りました。早速使ってみると、きれいにはがすことができました。強力な粘着テープは時間がかかりましたが、以前のように痛がることもなくできましたよ。

使うものは「ベビーオイル」

ベビーオイルだけで、痛みもなくテープをはがすことができます。メーカーなどはお好きなものをどうぞ。薬局へ行けば(内容量にもよりますが)600円前後で手に入ります。

使い方は簡単

粘着テープの上からベビーオイルをたっぷりすり込み、しばらく待ちます。すると簡単にテープをはがすことができます。まだ粘着力が残っているようでしたら、はがす前に何度かベビーオイルを塗ってみてください。最後にティッシュペーパーで拭き取るだけ。洗い流す必要なし!

粘着テープによりベトベトしたものが多少残ってしまうこともありますが、テープを取ってからもベビーオイルをつけてマッサージするようにやさしく擦ると少しずつとれてきます。痛いことは1つでも減らしてやりたいですね。

作成:2008-3-30 14:55:49    更新:2008-3-30 14:55:49
戻る亡くなった子の闘病記 カテゴリートップ 進む病気の子どものきょうだいの様子

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP