治療終了後 7か月〜1年間 生活の様子

治療終了後 7か月 (2007年4月)

普段の様子
毎朝30分かけて起こしていましたが、「らいおん(年長組)さんになったから!」と自分で起きて来るか、起こしてもすぐに起きて活動することができるようになり、身支度も早くできるようになりました。
保育所
新しい先生とクラスのお友達に慣れていないため、「保育所に行きたくない」ということが多かった。それでも休まず通うことができました。

治療終了後 8か月 (2007年5月)

普段の様子
家と保育所で野菜や花を育てていて、その水遣りを頑張っていました。植物が育っていく様子が楽しいようで毎日じっくり観察して、家の野菜は採りたてを食べています。ピーマンだって生のまま食べます。

治療終了後 9か月 (2007年6月)

普段の様子
野菜の水遣りと収穫、カブト虫の世話に一生懸命取り組んでいました。
保育所
昨年はプールが大嫌いで1回しか入りませんでした。お友達がバタ足をしてその水しぶきが顔にかかるのが嫌だとか。治療中だったこともあり無理させませんでしたが、今年は泳ぐ姿を見たいな・・・と思っていました。最初はとても嫌がっていたので理由を聞くと胸のCVの痕(左と右にあり)をみんなに見られると恥ずかしいから」と話しました。誰かにからかわれたわけではないのに気になったみたいです。「頑張った証」だということを話し、私や祖母の身体にも傷痕があることを話して見せたら気にしなくなり、思い切り楽しんでプール遊びができました。

治療終了後 10か月 (2007年7月)

保育所
友達の様子に気を配ることができるようになりました。

治療終了後 11か月 (2007年8月)

普段の様子
新幹線に乗って泊りがけでディズニー・シーに行きました。前回は2005年の10月。まだ治療中で薬の副作用もあったため、ずっと車椅子に乗っていましたが、今回はお昼寝タイム以外は元気に歩くことができました。

治療終了後 1年 (2007年9月)

保育所
プールが終わり、運動会の競技(かけっこ、リレー、組体操)の練習が始まりました。最初は楽しんでいましたが、暑さに耐えられず「保育所行くのいやだ〜」が始まりました。引きづってでも連れて行く鬼のような母。。。