輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録

血管がかたくなる

外来治療にて

入院中は中心静脈カテーテルから抗がん剤の投与、輸血、採血のすべてを行っていました。外来治療ではそれがないため、毎回痛い思いをしなくてはなりません。手の甲に刺した点滴のルートから採血をし、結果が出るまでの約1時間とその後の診察・抗がん剤投与(ロイナーゼがあるときは副作用が出ていないか様子を観るため30分待機)はルートをつけたまま。手が使えなくなるため、最初は左手の甲に刺していました。何度か同じ場所を使っていると、血管が硬くなり、針が刺さらない、針は刺さっても血が引けなくなり、左手に変えました。

しかし、左手に変えても同じこと。外来治療になって8ヶ月過ぎた頃には左右どちらも太い血管(手の甲の中心にある血管)にルートが入らなくなってしまったため、その横の細い血管(薬指と小指の間あたりにある血管)でルートをとりました。

1回目は泣くことも暴れることもなく我慢しているかずきも、2度目となると泣いて暴れて・・・なんとか言って聞かせ、かずきを抱きしめるように体を固定して行いました。つらいですね。看護師さんは私が付き添っていることでかなりのプレッシャーを抱えて処置されているはず。2回目となると、本当に申し訳なくて。かずきも痛い思いをしなくてはならない・・・。私もかずきと一緒に泣きたい気分でいっぱいです。

それからは、右と左を交互に使ったり、あたためたり、パシパシと叩いて血管を出してみたり・・・。針を刺してから血管を探られるのはとても痛いそうです。看護師さんは「なんとかこの1回で終わらせてあげたい」という気持ちでいらっしゃると思いますが、親御さんが付き添っておられる場合は、子どもに「このまま抜いて、別の場所を刺してもらおうか」と確認した後、看護師さんにもう一度お願いしたほうがいいと思います。看護師さんを責め、余計なプレッシャーを与えて失敗しないように、私たち親も協力して処置を進めていくことが一番良いのではないでしょうか。

点滴ルート挿入前に手洗いをしましょう

「点滴ルート挿入前に手洗いをすることで、皮膚トラブル減少の一要因になり、緊張状態にある患児・家族を緩和させる効果がある。手洗いを事前に行うことは、体表面に常在するグラム陽性球菌の増殖を抑えることができ、細菌襲撃から皮膚を守り、皮膚本来の働きを保ち、皮膚トラブルを減少させることができるものと考える」

「小児看護」 2006年5月号
「持続点滴施行前の手洗いによる皮膚トラブル減少の検証」 P668-672 / へるす出版

作成:2007-9-26 23:11:39    更新:2007-9-26 23:11:39
戻る脱毛 カテゴリートップ

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP