EBウイルスの疑いあり 血液検査

2004年9月1日 総合病院へ

朝の忙しい時間に夫のバイクが故障し、私は車で子どもを病院へ連れて行くと話したのだが、夫は車で出勤してしまった。仕方なく、私の母に頼み、車を出してもらうことにした。朝一番で出かけるはずが、30分の遅刻である。

熱は下がったのにぐったりしている次男を抱きかかえ、長男も連れて、総合病院へ向かった。待合室はどこも大勢の人であふれている。1〜2時間待ちといったところか。廊下に設置されているテレビを見たり、売店に行ったりして時間をつぶす。

昼近くになってようやく診察室へ案内された。診察はあっという間に終わり、「EBウイルス」の可能性があるため血液検査をすることに。結果が出るまで待たなければならない。

結果が出るまでの間、病院の近くにあるうどん屋で食事をした。次男はぐったりしていて、食欲もない。いつもだったら喜んで一番先に食べ始めるのだが、「うどんも何もいらない」と言うのだ。(どうしてしまったのだろう・・・。EBウイルスって何だろう。インフルエンザのようなウイルスなのかな・・・薬を飲めば治るんだよね・・・きっと)。

検査入院をすることになる

食事を終えて病院に戻ると、すぐに診察室に通された。血液検査の結果は次の通り。詳細は「紹介状の内容」に記載。

  • ヘモグロビンの値が低くかなりひどい貧血で、いつ倒れてもおかしくない状態。
  • 血小板の値はギリギリ大丈夫だが、全身に内出血した痕がいくつもある。
  • リンパ腺が腫れている。

EBウイルスに感染した可能性があるため検査入院をすることになる。最悪の場合は白血病であることも聞いたが、気に留めなかった。ネットで調べてたどりついたあの病気、まさにその症状が揃っていても、息子が難病に侵されているなどありえない、すぐに治る病気だと信じていた。そんなテレビ番組のような出来事が起きるはずない、と。

入院の準備をするため母に次男を預け、私は自宅に戻り慌しく準備をしていた。すると母から電話があり、とにかく早く戻ってほしいとのこと。

何かを調べる時間も考えている時間もなく、急いで病院へ向かった。急がなければいけない理由は何だろう。。。不安で胸が張り裂けそうになりながら病院へと急いだ。

作成:2009-6-9 13:48:49    更新:2012-5-23 21:47:31
戻る白血病の疑い強まる検索結果 カテゴリートップ 進む白血病の疑いあり 骨髄検査

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP