輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
はな  (2020-1-19 21:50 )

きょうだい本人の経験から生まれた絵本。

著者の佐川さんは、小学2年生の時に3歳年下の弟が脳腫瘍と診断され、寂しく不安な日々を過ごしました。

表紙のような不安で寂しい雰囲気の絵がほとんどで、内容も明るい話ではありませんが、考えさせられる内容ですので、きょうだい、特にご両親に読んでいただきたい1冊です。

今日はこの絵本の内容と、息子たちが幼いころに読み聞かせをした時のエピソードを交えてご紹介します。

続きは下記のページをご覧ください。
▼絵本「おにいちゃんが病気になったその日から」の紹介
https://kodomo3.com/cancer/cancer-book/4356

  条件検索へ

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP