輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
ホーム> はな模様 > ブログ 2014 > 骨髄移植・提供者(ドナー)になった弟

骨髄移植・提供者(ドナー)になった弟

骨髄移植・提供者(ドナー)になった弟

私の2歳年下の弟は、骨髄移植の提供者(ドナー)になった経験がある。相手は、顔も名前も知らない女性。私の息子が白血病になる前にドナー登録し、息子の治療が終わって2年ほと経った頃に骨髄バンクから話をいただいた。

弟は迷わず承諾し、骨髄を提供した。承諾から提供までの道のりは長く、術後の姿はとても痛々しかった。献血のようにスムーズに進まない。たくさんの時間を費やし、痛い思いをする。報酬もない。

相手の方が亡くなったという知らせを受け、弟は自分の力不足だったのではないかと涙をこぼしたが、それは違う。二人とも精一杯がんばった。

相手の患者さんを家族のように思い、命を救いたいという強い気持ちが、弟を動かしていたのだ。「また声がかかったら、ドナーになるよ」何の迷いもないたくましい返事を聴いて、胸が熱くなった。

-----------

その弟が、明日(8/31)まで個展を開いています。本人は会場にいると思いますし、ドナー経験にまつわる展示もありますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


ハナムラ・ヒロユキ展 〜心の休憩場所〜

明日まで開催(入場無料)

本日10時〜18時、明日は17時まで

(岐阜県)
各務原市中央図書館 3階展示ホール



2014-08-30投稿

写真素材-フォトライブラリー
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ 

xcGallery D3 by OceanBlue

使用カメラ・レンズ

Canon EOS 60D / Canon EOS Kiss X2
(標準)SIGMA 30mm F1.4 DC HSM
(標準)Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
(望遠)Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS
(広角)TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical
(マクロ)TAMRON SP AF60mm F/2 Di II MACRO

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP