輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
ホーム> はな模様 > 闘病中・治療後 > 生きるということ

生きるということ

生きるということ

生きるということ

いまを生きるということ

それは苦い薬を飲むということ

気分が悪くなる薬を点滴すること

背骨の間にある髄膜や

腰の骨に太い注射針を刺すこと

頭を揺らすだけで髪がハラハラと落ちること

やがて、ごっそりと髪が抜けてしまうこと

隣のベッドにいた友達が体調を崩し

もう二度と会えなくなってしまったことを知って

ベッドの上で悲しみや恐怖と闘うこと

すべてを我慢して、耐え抜いて、

もう死んだほうがましだと思っても

眠くなって、目が覚めて、お腹がすくこと


生きるということ

それは痛くて辛くて苦しいこと

僕の感情とは関係なく

僕の体が「生きたい」と思い動いていること

僕は生かされているということ

友だちが残してくれた思い出を

ずっと、ずっと忘れないということ

僕が選んだ道

「生きる」ということ


-------

今日は、次男の白血病治療終了後の定期健診。何の問題もなく、先生に元気な様子を伝えて帰ってきました。


写真に写っている本は「「生きる―わたしたちの思い〈第2章〉」です。

2014-08-14撮影/投稿

写真素材-フォトライブラリー
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ 

xcGallery D3 by OceanBlue

使用カメラ・レンズ

Canon EOS 60D / Canon EOS Kiss X2
(標準)SIGMA 30mm F1.4 DC HSM
(標準)Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
(望遠)Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS
(広角)TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical
(マクロ)TAMRON SP AF60mm F/2 Di II MACRO

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP