輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
ホーム> はな模様 > 結晶・雪・氷・雫 > 絶望の中で見えたもの

絶望の中で見えたもの

絶望の中で見えたもの

霜が降りた寒い朝に、一眼レフを持って外に出る。景色はうっすら白く色づき、私が吐く息も白く広がり消えてゆく。

腰を下ろし、カメラを低い位置で構えて写真を撮る。私は、草花もこんなに寒くて辛いだろう、と思った。しかし写真からは、朝日を浴びて嬉しそうにしている様子を感じた。枯れた葉をつけているけれど、元気そうに見える。息子が白血病だとわかったときも、これに似た出来事があったのを思い出した。

白血病の治療を受けることになった息子は「面会謝絶」のカードを張られた個室に隔離され、私は社会からも切り離された孤独感と絶望の中にいた。この小児病棟で難病と闘っているのは、自分たちだけだと思っていた。

数日後に、廊下で笑いながら井戸端会議をしている母親たちが、自分と同じ立場の人たちであることを知った。まさにこの写真と同じような、キラキラと輝く光とパワーを彼女たちから感じ取った。

絶望の中にいても、あなたはひとりではない。それだけは忘れないでほしい。立ち止まって腰を下ろせば、見えてくるものがある。手を差し伸べてくれる仲間がいる。


2013年12月撮影
Tag:霜 冬 朝 草 葉っぱ

写真素材-フォトライブラリー
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ 

xcGallery D3 by OceanBlue

使用カメラ・レンズ

Canon EOS 60D / Canon EOS Kiss X2
(標準)SIGMA 30mm F1.4 DC HSM
(標準)Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
(望遠)Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS
(広角)TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical
(マクロ)TAMRON SP AF60mm F/2 Di II MACRO

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP