輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
ホーム> はな模様 > 闘病中・治療後 > 同意しなければ、子どもは助けてもらえない

同意しなければ、子どもは助けてもらえない

同意しなければ、子どもは助けてもらえない

子どもが「小児がん」であると告知され、親は動揺する。現実を受け入れなければいけいないという焦り、治療が始まる不安、子どもが死んでしまうかもしれないという恐怖…すべてを同時に短時間で処理しなければならない。

そんな中で、同意のサインを求められる書類を何枚も受け取る。わからない言葉が多く、それを質問する時間も余裕もない。何がわからないのか、それがわからない。すべてが、わからない。

医師や看護師に聞いてもいいことなのか。勇気を振り絞って聞くと、「皆さん同意されますよ」「そんなことは…」と返されると、もうそれ以上話は進まない。同意しなければ、自分の子どもは助けてもらえないのではないか…そのような相談をされることもある。病院で働く方々は、患者が助かるように精一杯努力してくださるので大丈夫。

私がサインしなかったのは1枚だけ。差額ベッド代に関する同意書。これは、私や息子の都合で個室を用意してもらった時でいいだろう。どんなにつらい時であっても、つらい時だからこそ、藁にもすがる思いで、理解していなかったり同意できない文書にサインをしてはいけない。


2012-10撮影
カメラ:Canon EOS Kiss X2
レンズ:TAMRON SP AF 60mm F/2 Di II MACRO
画像編集:GIMP

写真素材-フォトライブラリー
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ 

xcGallery D3 by OceanBlue

使用カメラ・レンズ

Canon EOS 60D / Canon EOS Kiss X2
(標準)SIGMA 30mm F1.4 DC HSM
(標準)Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
(望遠)Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS
(広角)TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical
(マクロ)TAMRON SP AF60mm F/2 Di II MACRO

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP