輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
はな  (2017-11-13 7:36 )

「面会謝絶の無菌室に入ってくる男の子、私には見えない男の子」の話。

次男が白血病治療のため入院していた頃、最初の4カ月は個室でした。24時間付き添い生活をしていた私は、トイレや洗濯、入浴などで部屋を離れる時間もありましたが、当時3歳になったばかりの次男は「寂しい」と言って泣いたことは1度もありませんでした。

泣くどころか、私が他のお母さんたちと話し込んで戻るのが遅くなると、ナースコールで「おかあしゃんが、いましぇん」と伝え、看護師さんに母親の捜索願を出す子でした。その次男が、時々ありえない話をするのです。

続きは↓
https://kodomo3.com/childhood-leukemia/during-treatment/1928

このトピックに投稿する

【ご注意ください】
当サイト管理人以外の方は、本文にURLを記載すると投稿できません。
お手数をおかけしますが、URLを記載した投稿は「投稿者のハンドルネーム」「投稿本文」を管理人へメールでご連絡ください。

題名


ゲスト名




投稿本文


  条件検索へ

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP