輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録

返信する: 【更新情報】小児白血病 完治の記録

【ご注意ください】
当サイト管理人以外の方は、本文にURLを記載すると投稿できません。
お手数をおかけしますが、URLを記載した投稿は「投稿者のハンドルネーム」「投稿本文」を管理人へメールでご連絡ください。










オプション

参照

小児がんインフォームド・コンセントと臨床試験への参加、母親の感情
投稿者: はな 投稿日時: 2017-10-1 21:12
2004年9月4日、次男の白血病診断のための検査結果が出揃い、今後の治療方針が決まりました。

小児白血病は治るようになってきた病気と言われていますが、いまだ完璧な治療法は確立されていません。薬剤の種類や量、組み合わせや使用期間などは、できるだけ副作用が少なく成長過程に問題や障害が出ないことが求められ、より良い治療法を生み出すためには多くの臨床研究のデータが必要になります。

夫と私は、主治医から病気や治療についての説明を受けたあと、息子の治療試験参加に同意しました。

夫は、「もしも息子が助からなかったとしても、息子の治療データが少しでも誰かの役に立てばそれでいいです」と静かに答えました。

その横で私は心の中で「次男をデータだけになんかさせない。だいじょうぶ、治療はうまくいく。早く治る。この先もずっと生きている」と何度もつぶやきながら、望みを託して同意書にサインをしました。

病名が確定してもなお、誤診であってほしいと願うばかり。私たち家族のこれからを大きく変える宣告を受けた50分間でした。

▼続きはこちら
「小児がんインフォームド・コンセントと臨床試験への参加、母親の感情」
https://kodomo3.com/childhood-leukemia/jacls-all02hr/1360

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP