お医者さんごっこ遊びを通して気持ちを整理する

家にあったお医者さんごっこのセットを病室に持ち込み次男に渡すと、さっそく私を相手に《処置》を開始した。

私  「先生、かぜをひいたので診てください」
次男 「じゃあ、体温計をやってください」
 ・・・体温計を脇にはさむ。
私  「あ〜、先生、熱があります」
次男 「ほんとや!!!じゃあ、注射します」
私  「えーっ!!!!!注射ですか?痛いからイヤです」
次男 「じぇ〜んじぇん(全然)痛くないで。ちょっとだけチクッとするだけやで、我慢しとってよぉ〜!!」
 ・・・注射をする。
私  「あーっ!!痛い、痛い」
次男 「大丈夫やで、じっとしとってよ。がんばってよぉ〜」

そして、注射が終わると
次男 「よぉーく、がんばったね〜」

子どもはよく見て、聞いています。看護師さんや先生のしゃべり方をうまくマネしていました。そしてこの日、部屋に来てくださる先生や看護師さん相手に、次男は先生になって「処置」するのに大忙し。

後日、電源が入っているアイボ(犬型ロボット)を無理やり抑え付けてルンバールの処置をしていました。暴れるので大変な様子。大笑いして眺めながら、次男のときもこんな感じで処置されているのかな・・・と心が痛みました。

入院する子供の治療への理解を深め、ストレスを軽くするため、人形などを使った「遊び」を取り入れる試みが注目されている。英国では「ホスピタルプレースペシャリスト」、米国では「チャイルドライフスペシャリスト」と呼ばれる「遊びの専門家」が小児病棟のスタッフとして勤務しているが、日本でも一部の病院で試験的に導入が始まっている。

「賢志先生、この子の背中に注射してあげてください」。順天堂大付属順天堂医院小児科・思春期科の一室で声を掛けたのは、英国のプレースペシャリストの資格を持つ田中恭子助手。リンパ節の病期で入院中の賢志くん(仮名)(七つ)は、子供の人形に注射針を刺すなどの《処置》をした。「上手にできましたね。きっと良くなりますよ」

田中助手は、「どのように検査や治療を行うか、子供の発達段階に合わせてわかりやすく説明すると、心の準備ができ、痛いことをする[恐怖の存在]だった医師や看護師への信頼感も生まれます。不安が完全に消えることはありませんが、多くの子供が治療に前向きになってくれます」と、その効果を説明する。

注射や採血を嫌がる子供の気をそらせ、痛みを緩和するため、処置中に動くおもちゃや絵本などを見せることもある。順天堂医院などの調査によると、静脈注射中に万華鏡を見せられた子供は、ストレスホルモンの増加が抑えられたという。

従来、日本の病院では「遊び」より「安静」が重視された。順天堂大医学部の山城雄一郎教授は、「突然、家族から切り離された子供は不安で、なぜ苦痛な治療を受けねばならないかも理解できず、フラストレーションが高まる。身体的、精神的会館で自然治癒力をも高められる『遊び』の導入は、院内環境をできるだけ過程に近づけることとともに非常に大切だ」と強調する。

平成16年12月18日  岐阜新聞より

注射いやだー!

昨日は外来で、採血と水疱瘡の予防接種もしました。

主治医と看護師さんは、次男に頑張る気持ちになるよう話してくださいましたが、拒否。「注射いやだー!」処置直前で騒いで重たい体で抵抗します。

どうした!?治療と違ってつらい副作用もないし針も細いのに・・・近くの個人病院でインフルエンザの予防接種したときは静かでじっとしていたのに、白血病治療が終わったとたんに採血さえ嫌がるように。

自分の子どものプレパレーションは難しい・・・感情が入ってしまうからな。。。いろんなことが重なって憂鬱だったので、今回は手抜きだったかも。反省。。。

発熱 ⇒ 白血病発症 ⇒ 再発!?

次男が熱を出した。

おとついは、長男が微熱で欠席、昨日は次男が熱を出して早退。

朝10時に38.3℃あったのが、正午には39.8℃になったため座薬を入れるが、15時には40.1℃まで上がった。久々の高熱にドキッとする。座薬を使っても熱が下がらない・・・発病時と同じことがひとつでもあると、「再発」の文字がハンマーのようになり、私はそのハンマーで頭を殴られたようになる。

主治医に電話をすると、「発熱だけであれば、近くの病院でOK」とのこと。
夕方になって病院へ。
診察の結果は「おなかの風邪でしょう」

・・・と先生は詳しく説明してくださったのだが、「お腹が痛い」と言うと、またもやハンマーが現れ殴られる。ダメだ・・・殴られっぱなしではダメだ・・・。

翌朝は元気になってひと安心。しかし、37℃台の熱と腹痛(すこし)が続いた。元気もあるし、下痢もしていない。食事も少しはとっているし・・・


夜になってようやく平熱になり「明日は保育所に行く!」と、張り切っている。

お母さんを入れ替える

昨日は朝から息子2人を車に乗せ、妹の家へと向かいました。昼ごろ到着すると、すでにお腹いっぱいでごきげんの5ヶ月になる甥っ子が、ニヤ〜ッとたまらなくかわいい笑顔で迎えてくれました。

私が昼食の準備をする間、妹はうちの長男と次男を連れて近くの公園へと出かけました。

息子たちが小さかった頃はおんぶをして家事をしていたけれど、妹の家はオール電化。白血病のリスクを少しでも減らすため、キッチンから離れたところに甥っ子を寝かせて調理開始。

すると「うぇ〜い!うぇ〜い!」と呼ぶ声が。顔を出すとニヤ〜ッと笑って喜んでいる。ごめんよ、いまは調理中で遊んでられないのよ・・・お気に入りのおもちゃを持たせてまたキッチンへ。

何度か同じようなことを繰り返しながら出来上がった昼ごはん。静かだ。いつもだったら「え〜っ、昼はラーメンがいい、うどんがいい」とうるさい息子たちがいない。テーブルが広く感じます。

甥っ子が寝返りの練習をしているのむ見ながら、昔を思い出しました。長男のときは育児を楽しむ余裕がなくて、毎日、育児書を開いて眉間にシワよせてたな・・・。

「ただいま〜♪」
息子たちが帰ってきました。

普段、赤ちゃんとふたりっきりの静かな生活をしている妹の食卓がとても賑やかに。
「あと何年かすると、こんな感じになるのよ。子どもはじっとして食べないし、食べ残すし、のんびり食事なんてできないわよ〜」
想像しながら喜ぶ妹。

午後から、妹はまたふたりを連れて公園へ。そして私は、また甥っ子と静かな時間を過ごすことに。おんぶをして洗い物をしていると、すぐに夢の中へ・・・。

完全に寝たことを確認して布団に下ろすとパッチリ目を覚まして泣き出してしまった!添い寝をして寝たフリをしてみるが効果なし(うちの子はこれでだまされて寝てくれたんだけど)。

仕方なく抱っこすると急にご機嫌になり、窓の外を眺めていると追いかけっこをしながら帰ってくる妹と長男、疲れたと言わんばかりの足取りで帰ってくる次男が見えます。

少しの間、母親の立場を変わってみて、子育ての楽しさがわかりました。たまには、こういうのもいいかも。

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP