「じゅん滑油」〜祖母のノートから〜

祖母も文章を書くのが好きな人だった。赤い表紙のノートには、中日新聞に掲載された「くらしの作文」の切り抜きが何枚も貼ってあり、子どもだった母の姿が生き生きと記されている。

母が高校生、叔父が中学生のころ、祖母はちょうど今の私と同じ年齢(41歳)のときに乳がんで亡くなった。このノートは、祖父母と叔父が生きていた証。

...続きを読む

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP