PTA役員選出方法の見直し(2)役員選出のマニュアル作りスタート!

PTAに関する投稿は小児がんに関わる活動から離れつつあるので、
記事を引越ししました。
⇒ PTA広報紙作りのノウハウ
「PTA役員選出方法の見直し(2)役員選出のマニュアル作りスタート!」

PTA役員選出方法の見直し(1)新6年生だけ学年選出

大勢の保護者の前で、次男の病気を公表せざるを得なかったPTA役員選出会。「家庭の事情を人前で話さなくても、事前に免除してもらえるような選出方法に変えたい」その思いから、曖昧だった部分を明確にし、大勢の方たちの協力を得て、PTA役員選出マニュアルを完成させました。選出方法の見直しをお考えの方の参考になれば幸いです。

...続きを読む

PTA役員の立候補者が多すぎる!贅沢な悩み

先月末にPTAの学級役員の選出が行われた。学級役員は各学年8名で、主に学級懇談会の司会進行を担当する学年学級委員会、講演会などの企画運営を担当する子育て委員会、PTA活動を保護者に伝える広報委員会の3つの委員会に分かれる。

新1年生の役員は委員長にならないという理由から毎年のように立候補者が多く、免除についてもめることがない。ジャンケンですんなり決まる。

今年は新2〜6年生の役員選出も立候補者が多く、全部で40名の委員を決めるのに70名の立候補があった。学年や委員会によって偏りがあったものの、新年度学級役員の73%が立候補で決まるという結果となったのだ。

事前調査により、立候補者数はわかっていた。競争率6倍という委員会・学年もあり、PTAを盛り上げたい人が大勢いるのだと思ったがそうではなかったようだ。

子どもが何人いても役員を1回やればいいという規約があるため、どうせやるなら早いうちに、写真が撮れる広報に、講演会を企画できる子育てに…なとという理由で立候補した人が多かった。

役員選出の免除項目を増やすことよりも、「どうせやるなら…」と思っている人たちが役員になれるような仕組みを作った方が、決める側の負担が少しは軽くなると思う。

会長や委員長など責任のある役に当たってしまった方は、どんよりとした気持ちで春を待っているのではないだろうか。忙しくなるけれど、得るものはたくさんある。それに気づくのは1年後。

充実した1年になりますように、応援しています。

だからやめられないのさ

PTA広報紙の初校が手元に届いた。やはり、紙になって見てみると感慨深い。

写真を撮っているときは楽しいが、それに文章をつけたりレイアウトしたりして紙面づくりを始めると、なんでこんなことを引き受けてしまったんだ…と思う。そして、出来上がった広報誌を広げると嬉しくてたまらなくなる。だから、やめられないのよね〜PTA広報紙づくり。でも、もうこれで最後にする!

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP