輝く子どもたち 小児白血病 完治の記録
  ≪  1 2 3 (4) 5 6 7 ... 22  ≫  

さよなら、またね

Amazonの商品情報ページを表示する

作家の中島未月さんから、新刊の絵本「さよなら、またね」が届いた。言葉のひとつひとつが、しっかりと自分の中へ入ってくるような感じ。柔らかなタッチの絵の中へすーっと引き込まれていく。静かであたたかい世界だ。

「人は死んだらどうなるの?」
 主人公の男の子は、友達が亡くなったことに気づいていた。けれど、大人たちはそれを隠していたのだろう。小児がんの子どもをもつ親にとって、子どもの死はとても身近な問題である。それゆえに、子どもと死について語ることを恐れる。「ボクも死ぬの?」「人は死んだらどうなるの?」子どものまっすぐな質問に答えるだけの余裕がないのだ。

まだ次男が白血病で入院し治療を受けていた頃、私は「かずきは死なないよ」と答えていた。うちの子は絶対に死なない、死なせたりしない・・・自分に強く言い聞かせて気持ちを奮い立たせ、頭の中から「死」「再発」「予後不良」という文字をかき消す毎日だった。答えを準備することが難しかった。

けれど、友達との別れは突然やってくる。嘘の説明をしたところで、子どもたちは見抜いていることが多い。友達が亡くなったという事実を伝えれば、子どもは悲くて立ち直ることができなくなると思っていた。でも本当は、子どもに話す勇気がなかったのだ。ショックを受けた子どもを受け止める自信がなく、子どものためといいながら自分を守っていたのかもしれない。

「本当のことを知りたい」
  友達は亡くなったの?
  どうして隠しているの?
  どうして嘘をついたの?

「でも、こわくて聞けない」
  聞いたら、お母さんは怒るだろうか。
  本当にもう会えなくなってしまったのだろうか。
  ボクはその事実を受け止められるのだろうか。

きっといろんな思いを抱え、「本当のことを教えてくれる相手」を探していたのだろう。そしてこの絵本が、その「相手」のひとりになってくれると思う。子どもと、「死」そして「生きること」について考えるきっかけをつくってくれる。静かな場所で手に取って読んでもらいたい。

絵本「さよなら、またね」の予告Movie --YouTube--

TOMOYAARTS(イラスト)
価格: 発売:2011-11-19 |  投稿:2011/12/02 | 閲覧数:4955

  ≪  1 2 3 (4) 5 6 7 ... 22  ≫  

単行本商品情報

出版日:2011-11-19
単行本
著者:中島 未月
出版:PHP研究所

注意事項

  • カートに入れるボタンは、この商品をアマゾンのカートに追加するものです。このボタンをクリックしただけでは購入手続きとはなりません。気になった商品はカートに追加しておき、後で正式な購入手続きを行うことができます。
  • このページの表示内容はアマゾンのウェブサービスを用いた情報となっています。在庫状況や価格はタイミングによって変更されることがありますので、アマゾンのサイトで購入手続きを行う際にもう一度確認してください。
  ≪  1 2 3 (4) 5 6 7 ... 22  ≫  

当サイトは本やインターネットから集めた情報をもとに、素人が作成しています。
また、闘病記の治療内容や検査結果等は個人により差がありますので、
必ず主治医・担当医にご相談ください。

PAGE TOP